最近の記事

「ミラーの法則〜立場の恩人〜」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第339回のテーマは「ミラーの法則〜立場の恩人〜」です。

 

人は立場というものを持っています。コミュニケーションにおいてその立場を作ることは意味があります。

今回は自分の立場を作ってくれる人をシェアしました。

 

仕事で頑張ってくれている人

仕事で関係してくれている人

今の状況を作ってくれている人

社内でのねぎらいや承認

 

身近なことでも、立場を作ってもらっていることってありませんか。

改めて考えてみると、その事に感謝が芽生えてきます。

 

相手を承認したり、スポットライトを当てたりしてできる立場。

自分が少し控えてみたり、あえて足りないところ(失敗談など)を伝える事でできる立場など。

次は、これから周りの人に自分から立場を作ることができたらいいですね。

 

「本物のモチベーション」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第338回のテーマは「本物のモチベーション」です。

 

モチベーションを上手くコントロールするには、自分の本音のモチベーションでなければなりません。

自分自身と建前でコミュニケーションを取っていても上手くいきそうにないですよね。

・自分が行ったセミナーのアンケート用紙

・社員のさりげない笑顔

・同じく社員の元気な挨拶

・お礼メールやメッセージ

・新しい服

・社長に褒められる

・契約

・業務拡大

などなど、日常色んなところにモチベーションの素はあるようです。

それが、どんなジャンルかは別として日々の自分を突き動かす機会になるなら、

どんどん活用して行きたいですね!

 

「圧巻の表現力とエネルギー!」ライオンキングに学ぶオーシャンズ研修

オーシャンズは現場の成果にこだわる会社です。

 

もし野球のピッチャーがカーブの投げ方を知っているだけでは、本番の試合で三振やアウトは取れませんよね。現場で成果を取るためには「知識=知っている」だけではなく「能力=やっている・できる」ことが大切だと考えています。

 

成果のためには、知識から能力へ!
能力のためには、勉強から反復へ!
反復のためには、ツボコツの仕入れへ!

 

ということで9月最終日。午後から全社休業させていただき、東京大井町の四季劇場でライオンキングを鑑賞してきました!

 

館内や上映のようすは撮影禁止のため写真はありませんが、、、圧巻でした! (;・∀・)

 

「圧倒的なエネルギーと表現力」
「鍛え抜かれた身体」
「会場全体を包むような歌声」

 

一挙手一投足すべてが噛みあい、ストーリーが奏でられる。

声が口からではなく全身の毛穴からほとばしるような。超一流のエネルギーを感じることができました。

 

オーシャンズ・アカデミー「5ステップ・トレーニング」は10月から全国33ヶ所でスタート。環境事業も9月より「温泉汚れ落し屋.com」をオープン!

 

これからも社員・関係者の皆さまと一緒に、子どもたちの笑顔のために、チャレンジする大人を応援していきます。

 

また業務拡大に伴い、私たちオーシャンズの船に乗り、一緒に大海原を航海する仲間も募集しています。お問い合わせはこちらからどうぞ。
http://www.oceans595.com/contact-us/

「アクションとストーリー設定」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第337回のテーマは「アクションとストーリー設定」です。

 

今日はオーシャンズ代表の三井とチーフトレーナー黒田での久々の出張サタデーオーシャンズin熊本!

早朝から始まる研修の前の時間に、その研修でのストーリーとアクションを具体的に決めました。

・参加者の知らない自分を引き出すために、

研修中や休憩中関係なく関わる、踏み込む!そして、宣言させる!

というストーリーのもと研修に臨みました。

 

ジョハリの窓(ご存知ですか?)にあるように、まだ自分も他人も知らない自分があります。

それは、成果への可能性かも知れない。と、いうナビなどをして進行していきました。

が、やり方ばかり気にして、肝心の宣言させることをすっ飛ばしてしまいました!

 

やはり具体的なアクションを想定する事が、ポイントなんですね。

「潜在能力を使うのだ!」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第336回のテーマは「潜在能力を使うのだ!」です。

 

まだ使っていない能力である潜在能力をいかに使うかが今回のテーマです。

まず脳の中に入っている「無理だ」という情報を出してみました。

・見込み客にあたり尽くしたから、これ以上の契約は無理だ

・寝坊したから、今日の勉強会の参加は無理だ

・聞いてくれないから〇〇さんへの指示は無理だ

 

それを「できる」前提で考えてみるとどうでしょう。

・見込み客にあたり尽くしたが、あきらめずに紹介に切り替えたらまだ契約が取れる

・遅れたとしても、勉強会に参加できる

・〇〇さんへ何回もコミュニケーションを取れば、話してもらえる

 

脳にはプラスの情報もあれば、マイナスの情報もたくさん入ってます。

―という文字に縦線を一本入れるようにプラスの解釈に変えるのがツボ・コツなんですね。