最近の記事

「アクションとストーリー設定」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第361回のテーマは「アクションとストーリー設定」です。

 

ビジネスやプライベートにおいて

「言ったはず」

「聞いていない」

といったコミュニケーションエラーはありませんか?

 

コミュニケーションは伝えるだけで終わらず

相手を動かして、お互いの成果に向かうイメージが重要です。

 

今日は、誰かの一言で

「やる気を引き出され、もっと頑張ろう!」と感じた経験をシェアしました。

・常連のお客様から「美味しかったよ!」

・難しいプロジェクトで上司から「◎◎さんにしか任せられない』

・体験相談に来られた方から「知れてよかった、ありがとう」

・営業したお客様から「◎◎さんから契約したい」

・社内の人から「凄いね!」

 

傾向としては

心をこめて承認された時、褒められた時、勇気づけされたときに

「動きたくなった」「もっと頑張ろうと思った!」と、いった意見が多かったです。

そのためには、日ごろから相手に興味を持って接することが重要かもしれませんね。

 

「ストレスマネジメント」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第360回のテーマは「ストレスマネジメント」です。

 

今回は誰にでも大なり小なりあるストレスについてシェアしました。

まずは、ビジネスにおいての完全主義を手放し8勝7敗主義にすること。

これがストレスを溜めないツボコツに繋がります。

先日、引退したイチロー選手でさえ障害の平均打率は3割一分一厘。

すごい事なんですが、6割強は打てなかったとも考えられます。

 

そこで、自分たちで3割プロジェクトと称し取り組めることがないか?考えてみました。

・家庭の家事について

・プレゼンに入る前の心の持ち方について

・自宅の断捨離してもいい荷物について

・自分のプライベートの時間の作り方について

・運動する時間について

 

これまで完全主義になりすぎていて、かえって取り組めていなかった事が3割でもいいかなと許可が出ると行動しやすそうですよね。

最後にこれからの自分のストレス解消法をシェアしましたが、

温泉やストレッチ、好きな場所に行く、子どもと遊ぶなど様々な意見が出た中で

「サタデーオーシャンズ!」という一声がありました。

皆、土曜の朝に前向きな時間が作れている事に賛同の声が多数。嬉しいことです!

 

「質問の達人」

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第359回のテーマは「質問の達人」です。

 

これまで、このテーマにおいては命令と質問の違いについて、

クエスチョンコード(質問の種類)についてのナビゲーションがほとんどでした。

今回は自分(担当ナビゲーター)の課題を、

メンバーだったらどんなクエスチョンコードを使ってどう解決するかというシェアでした。

 

①入社して2年目になった部下が、一度は経験している社内業務(半期に一度の大きな業務)についての取り掛かりや段取りが悪く、周りまで巻き込んでいる。

②部下がメモ書きなどのまとめ方が悪く、いざ必要な時に準備できずお客様を待たせてしまう。

 

皆、いつもよりも長く時間を使いそれぞれのアイデアを出しました。その出し方も様々で、

・課題の一つを分かりやすい流れで解説してくれた人

・クエスチョンコードを含めた解説をしてくれた人

・会話調でそのやり取りを具体的に書いた人

・自分の過去の経験談を基に、アイデアをくれた人

・次回、その部下と話す際にもっと本音が言いやすい状況にするために「5つのステップ」を作った人

など、アイデアの出し方自体も大きな仕入れとなりました。

 

共通点や、ポイントとなったのは部下の行動に疑問や時には「イラッ」とすることがあっても、

まず受け取り、できれば承認(その中でも出来ていることなど)から入り導くこと。

気を付けないと質問のスキルがただの「技」になってしまいます。

相手が心を開いた状態が出来て、その間に信頼関係があればあるほどそのスキルが効いてくるんですね!

 

「フィードバック・トレーニング法」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS

第358回のテーマは「フィードバック・トレーニング法」です。

 

サタデー・オーシャンズには、オーシャンズ・アカデミーの個人コースをご受講いただいている方のご参加も多く、

その成果についてのシェアも楽しみなところです。

 

成果の出る人の共通点。

それは、学んだ事が「知識」で終わる事なく「能力」になっている事です。

10個のうち10個が知識になっていても、

能力化されたものが一つでもないとプレゼンテーションやコミュニケーションの現場での成果には繋がりにくいのです。

 

今回はセールスに必要で、今既にできている事の棚卸しをしました。

・相手の話を受け止める

・出来るだけ笑顔でコミュニケーション

・継続する

・5ステップ

・身だしなみ

など、前よりもできている事は増えていました。

 

この棚卸しの後に、皆が気づいたのは、それ以外に書き出した必要な能力を1つでも多く自分のものにすること!

サタデーオーシャンズではこれからも検証を続けていきます!

 

「アテンションとアプローチ」

更新

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS
第357回のテーマは「アテンションとアプローチ」です。

 

今回は、人へのアテンション(惹きつける)についてシェアしました。

惹きつける要素は色々ありますがその中でも「自分の個性」についてそれぞれ考えてみました。

 

「あの人は考え方が個性的だな」など、周りから自分がどのように見えているか改めて出してみると、

その個性に対する長所と短所が見えてきます。

 

人にとって影響力がある人は、別の人から見ると少し怖く感じてしまう。

逆にある人から見たら遠慮がちで気を使いすぎて見えてしまう人が、

別の人からはなんでも受け取ってくれそうに見えたりもします。

 

ただし、いいか悪いかを考えすぎてしまっては個性が際立ってきません。

現場で活用するためにはそれぞれの長所、短所をはっきりさせる必要があります。

たまには言いにくいことでも相手の短所を言ってあげましょう。

ただしそういう場を作るのであれば長所も同じかそれ以上に伝えた方が相手も受け取りやすくなりますね!