User Voice

お客様の声

お客様からたくさんの声をいただいています

5ステップ・トレーニング(スクール版)を受講したお客様の声

三國高穂
Q.トレーニングを受けてみて感想は?

純粋に面白かったです。

私は自分では結構学んでいると思っていました(笑)が、トレーニングを受けてそれ以上の知識や今までの知識を深めたりすることができ、“井の中の蛙だったまた精進せねば!”と改めました。

年代が離れている人とロープレやシェアを組むこともあるため、とても新鮮な感じがしました。シェアが多く相手からの意見に傷つくこともありましたが(笑)さまざまな世代や職種の方からの考え方に触れることができてとてもいい経験ができました。

Q.トレーニング後に変化を感じたことは?

以前より周りの営業マンの方が気になるようになりました。

「問題意識を与えているなぁ」や「クオリファイを取りに来ているなぁ」など、トレーニング内で学んだテクニックを使っている人に目がいくようになりました。

スムーズに契約できる営業マンの人はやはり5ステップを使っているなぁ、と思います。私も5ステップを自然にできるように反復していきたいと思っています。

Q.トレーニングで学んだことを取り入れましたか?

家庭内でのコミュニケーションの時に取り入れています。

特に息子と話すときは、事前にゴールや目標を自分の中で決めてクオリファイを取りに行くようにしています。

仕事でも、立場の恩人という考え方は以前からなんとなくできていましたが、トレーニングを受けたことでより深く落とし込むことができ、納得して行動できるようになりました。

Q.社員の方が受けてみていかがでしたか?

少なからず自分の問題点に気づいてくれた部分と、まだ気づいていない部分もあったように思いますが、講師の方のおがげで社員の感想も良かったです。

定期的に(例えば1年に一回)5ステップを受けることで、自分を見つめ直す良い機会になったり、成長をし続けて欲しいと思っています。

牧野靖宏
Q.受講するきっかけは何でしたか?

中途採用に力を入れていましたが、自分が行っている採用面接に満足できてませんでした。求職者の緊張を解きほぐして、気持ちよく話をしてもらったり、相手の本音を引き出すような面接をしたかったことが、参加のきっかけです。

Q.トレーニングに参加した感想を教えてください。

コミュニケーションにも上手くいく原理・原則があることを知れました。

今までは何となく自己流で行っていたことが言語化されてスッキリしました。それを理解し実践することで、求職者の方との会話を楽しみながら、採用面接を円滑に進められるようになりました。

Q.受講されてみて最も変化を感じた所は?

従業員数が、約2年で15人増えました。
コミュニケーションは持って生まれた才能のように言われることがあります。私の率直な感想は、原則をきちんと理解して繰り返し練習を続けることができれば、誰でもコミュニケーション上手になれると実感しました。

Q.それ以外にも感じられている変化があれば教えてください。

初対面の方との雑談はいつもプレッシャーを感じて緊張していましたが、初対面の人と話すことを楽しめるようになりました。また、営業や採用面接も楽しく会話ができるようになり、求職者からの相談や応募がとても増えました。

Q.これからのストーリーや、ご要望はありますか?

自分自身が5ステップの効果をとても実感しているため、コミュニケーションに興味がある社員には受講を薦めています。

5ステップは営業職向けだけではなく、人事や採用担当の方、技術職の方にもお薦めできる講座だと思います。

中島 朋美
Q.5ステップ・トレーニングに参加した感想を教えてください。

5ステップ・トレーニングを初めて聞いた時「営業マンの方たちが受講される研修」というイメージがありましたが、受講してみると、営業の現場だけでなく社内のコミュニケーションに活かせる内容でした。私も実際、トレーニング期間中に人事異動があり、現場から人事総務系などの間接部署に異動しましたが、新しい環境でも活かせるものが数多くあり、営業職に限らず、どのような人でも学びがある研修だと感じました。

Q.受講されてみて変化を感じた所は?

以前は部下や同僚などに「断定的で強め」な言い方をしていたことに気づきました。5ステップを受けてからは、あらゆる場面で質問系のコミュニケーションで「考えてもらい、気づかせて、動いてもらう」機会が増えました。命令でも人は動くこともありますが、相手は心の底からは動いていません。質問は回り道のようなコミュニケーションに見えますが、結果的に成果に繋がる実感があります。

Q.日頃よく使っているフレーズ・印象に残ってるフレーズはありますか?

一つ目は「売りを手放す」ことです。最終的には契約を頂くことですが、まずは売りを手放して、相手に共感や興味を持つことがスタートということに衝撃を受けました。二つ目は「立場の恩人」の言葉が好きです。人との立場を作れる人は、とても魅力的で素敵な人なので、私もそうなれるように実践していきたいと思います。

下村 優貴
Q.受講されてみて最も変化を感じた所は?

私達は個人宅へリフォームの営業を行っていますが、5ステップ・トレーニングの受講者は成約率が上がりました。以前は取りこぼしも多くみられましたが、受注件数は2倍以上になっています。

Q.成約率以外に感じられている変化があれば教えてください。

社員が自発的に行動するようになりましたね。仕事の向合い方や姿勢が、受け身型から参加型に変化してきており心強いです。私も仕事をドンドン任せていきたいと思います。

Q.社長から見て、成約率が向上した理由はどこにあると思われますか?

社内で共通言語化が進んだことが大きいと思います。今まで自己流で営業をしてきたので、部下が仕事で抱える問題や悩みに対して、うまく伝えることができませんでした。しかし今は、5ステップ・トレーニングの中で出てきた言葉を使い、同じ尺度でコミュニケーションが取れていると感じます。

Q.良く使っているフレーズは何ですか?

「クオリファイ」と「センターサークル」です。特にセンターサークルでは社員同士のコミュニケーションで摩擦が起こりそうなときに、とても役立っていると感じます。社員も営業部門・スタッフ部門でどんどん増えているので、今後が楽しみです!

若女井 海里
Q.5ステップ・トレーニングに参加した感想を教えてください。

今回のような研修に参加するのは初めてだったのですが、参加する前はすごく難しいものを教わるイメージがありました。しかし、5ステップ・トレーニングのノウハウは、実際にすぐ使える・使いたくなるものばかり。例え話やロールプレイングも豊富でわかり易いので、回を追うごとに参加するのが楽しみです。

Q.受講されてみて最も変化を感じた所は?

売りを手放せるようになったことです。今までは相手の気持ちをあまり考えず、とにかく「話を聞いてほしい」「商品の良さを知ってほしい」といった、自分本位の営業だったと思います。今では、相手の方から「お話を聞かせてください」と仰っていただけることが多くなりました。

Q.それ以外にも感じられている変化があれば教えてください。

ビジネスだけでなくプライベートでも人間関係がさらに良くなりました。今までは「YesかNo」「白か黒」といった、あまり潤いのないコミュニケーションだったように思います。もし意見が食い違った時でも、教えていただいたセンターサークルを使って、お互いが満足できる結果に着地できるようになりました。

Q.日頃よく使っているフレーズはありますか?

私が扱っている商材は健康・美容に関するものなので、お客様のお悩みや関心事を『質問』で引き出すことはいつも意識するようになりました。繰り返し練習をしてもっと自然に使えるようになりたいです。

鈴木 暁

当社では40年間、一度も新卒採用を行っていなかったのですが、2013年からようやく新卒採用を始めました。 ただ、世代間のギャップや、コミュニケーションをどう図っていこうかという不安はありました。そしてその不安を拭うには、私自身が学ぶべきだと思い、オーシャンズのスクールに参加しました。 参加して、身近なコミュニケーションの変化を感じます。今まで「どうせ言ってもわからないだろう」と思っていたのが、積極的に話しかけたり、コミュニケーションを取ろうと思えるようになりました。 特に会話のアプローチの部分で、相手の心を開かせるスキルが非常に役に立っているように思います。

企業研修を受講したお客様の声

土屋 大典
Q.研修を取り入れようと思ったきっかけは何ですか?

5ステップを知り、面白いなと思ったのがきっかけです。「おっ!」と 思ったのでまずは自分が取り入れました。なぜなら、何かやらないといけないと思っていましたし、自分の成長が会社の成長であるからです。

Q.今回の研修での成果は何ですか?

自分のことで話すと成約率が圧倒的に上がりました。今までは成約率が5割いかなかったのですが、それが今は5割が当たり前になりました。
これからは 6~7割の成約率は上げたいなと思っています。同じように打率が上がってき ているスタッフが増えています。
管理職から始めたので、商談力のある人は 「こういう形で成果が上がった」と話ができるようになりました。
それは部下に指導する上で非常に役に立っています。現場では、部下から同じ言葉が出ていますので共通言語レベルになっています。

Q.セッションで心に残っているものはありますか?

クロージングと反論解決は難しい段階だけに非常に印象に残っています。人はテンションが上がってしまうとエネルギーが同化しがちです。
買う買わないの話だとエネルギーは高くなってしまい、これまではそのままのエネルギーで反論を返していました。
教えたくなってしまう気持ちに近いですが、対処の方法が昔はわかりませんでした。
ほとんどのスタッフが「説得」になっていましたが、今では反論解決の際にエネルギーを合わせないようにコントロールできるようになり効果が出てきています。

Q.トレーニングの中での成果と、印象に残っているワードを教えてください。

「もし」と「なるほど」です。「もし」は徹底的に使うようにしてますし、「なるほど」は受け止める時の最高の言葉です。
どこの5ステップの領域でも使えると思います。意図的にそれらの言葉を使って効果を感じているスタッフは増えてきています。

Q.これからのストーリーや、ご要望はありますか?

後進育成に力を入れていきます。後進育成をしていかないといけない世代が、ただ感覚的に自分の経験談だけを語っていても部下の腑に落とせないと思います。
全員が同じような概念を持ち、5ステップが文化になるようにしないといけません。 研修と研修の間にある期間のフォローアップの強化をしていただけたらもっといいと思います。

中尾 繁昭
Q.オーシャンズ研修の他社との違いはどういった所だとお考えですか?

形式的ではない情熱が伝わってきます。

創業者オーナーと言うのは自分の情熱を社員に伝えて、自分の考え方、将来の夢、競争相手とどのように戦っていくかの情熱を伝える技を持っています。
ですが普通の研修会社では、なかなか情熱を持った伝え方ができないと思います。オーシャンズさんは熱いですよね!(笑)

Q.今までの研修の内容で心に残ったものを率直に教えて下さい。

全てが身につく訳ではないですが、やはり言葉の大切さ、その中でも「心の扉を開く」という人間関係の作り方です。

人間関係をうまく作るとお客様が増えていくわけです。心の扉を開くことに関してはツボとコツがあるという事。

相手を褒める、売りを手放す等は相手の心の扉を開かなければできませんよね。「心の扉を開く」という言葉自体も私は好きです!

Q.この研修での成果は何ですか?

共通言語ができた事です。
心理学が学べて実際に共通言語として社内に広まっていることは成果です。

またQ&A、つまり自分で質問を作り答えられるような人間が増えた事もあります。スキルアップするには、自分で問題を発見し答えを持つことが必要です。

それはお客様への問いかけ(どうしてこの現場でこの機械を使うのか?等)だけではなく、社内の問題に関してのQを持つことも含んでいます。

渡邊伸一
Q.研修での成果や、変化を具体的に教えて下さい。

共通言語ができた事です。「5ステップ」や「あ・ほ・な話」など朝礼や終礼中のシェアではもちろん日頃の業務の中でも飛び交ってますよ!

エバーという会社は商品・サービスを展開する営業部門と、施術を行う部門(ベル美容外科クリニック/施術)との連携が必要です。これまではお互いがお互いの大変さを分かってなかったというのも気づきでした。

施術部門のナースはもちろんカウンセラーや社内の広報や総務全体が営業がやっている事を認識し、逆に営業も内部への連携を強く意識して伝達を行う事がお客様へのサービスの向上に繋がったと言えます。

Q.今回オーシャンズの研修を取り入れた理由は何ですか?

社内の講習やイベントなどを行ってきましたが、ひとことで言うと「ただやっていた」だけでした。社員には「目標が大事だ」と言っておきながら全く本気にさせることができていなければ、やり方をわかっていなかったんだと思います。

Q.今後の展望やストーリーは何ですか?

売り上げの事になりますが、2割バッターが、4〜5割バッターに成長した事に驚いています。
今後はこれを7〜8割にしていく事が業務提携先に広がっていくきっかけにもなりますし、たくさんのお客様を幸せにできる事だと思っています。
業界においてますます差別化を図り、エバーが代表となり引っ張っていきます!

森本太郎太
Q.独自のブランドを築き上げてこられた御社が今回、研修を取り入れられた理由は何ですか?

数年前に一日版の研修をやっていただいた時に「これだ!」と思ったのがきっかけです。
今までやってきた研修は、商品知識とかセールストークのフレーズ集、事務的なオペレーション業務に必要な知識研修がほとんどでした。
今回は営業に特化した、営業マンとしての心がけや意識、セールスをする為のノウハウ、表現力とか表情までも扱った研修をやっていただきました。実はこれまで営業に対しての基礎的な部分をやっていなかったので、いずれは実施したいと思っていました。

Q.社員が変わってきたと感じる部分や成果はありますか。

まず、店頭売上げ台数が大台の1,000台を越えました。それはスタッフが店頭で接客中にお客様のことを考えようとする機会が増えたことが一因していると思います。アプローチの「心を開く」という部分が上手くいけば、お客様が何に対してプライオリティが高いのかが見えてきます。
営業の一人一人と話す時がある時は1stステップのアプローチの部分がどうだったかを聞くようにしています。前々からお客様の立場に立つことが大事だと言っており、お客様の心を開くことが全てに繋がると感じます。皆が変化してきたのは、心を開いて会話がスタートするのと同時に、お客様に対しての販売までのストーリーを立てる事ができるようになったことです。

Q.研修について、何が印象に残っていますか?

5ステップってシンプルなので非常に分かりやすいです!それは研修で使用したテキストにも言えます。実際に現場で活用できて、本当に自分のものにするという点では大事なことです。
また、研修前や、研修中にも流れの中で打ち合わせをしながらオーダーメードのカリキュラムを組んでいただいているので、うちにに合わせながらやっていただいているのが非常に良く分かります。
研修の場においては、それぞれ参加者の発言を大事にしていただいている部分が印象深かったです。普通だと参加者から「そこは・・・」という発言もあったと思いますが、基本的に発言自体を講師が認めて下さいました。
実はそのことが、相手に臆せず発言するという部分ではお客様との商談の場面でスムーズに自分の意見が言えることに繋がっていると思います。

パーソナル・トレーニングを受講したお客様の声

中山秀幸
Q.パーソナル・トレーニングを採用するきっかけは何でしたか?(どんなことでお悩みでしたか?)

自力で3店舗まで出しましたが、その中での人間関係がとても難しくなり、どうにもならない状況になってしまいました。
そこでSAプログラムをやっていたスタッフに声を掛けていただき始めました。

Q.パーソナル・トレーニングを受けてみた感想を教えてください

最初から一年以上は自分では全く変化が分からなかったです。
ただ、周囲が変化しているのは強く感じました。

今までより相談されることが増えたり、頼んだ事を喜んでやってくれるようになりました。今思えば、パーソナルトレーニングを継続していく中で、SAプログラムを反復していた事が無意識に出来始めていたのかなと思います。

Q.ご自分で最も変化を感じた所はどこですか?

伝えたいことが上手く伝わるようになりました。
また、自分の解釈力が以前より柔軟になった来た気がしており、物事を悪い方向を考えなくなったので悩みが格段に減りました。

相手の言葉の出どころを探して言葉と戦わない事が出来る事が多くなった気がします。一つの現象を色々な角度から見ようとするので、ネガティブな思いを抱くことが少なくなり自分自身のメンタルやコンディションが整いやすくなりました。

Q.これからの事業のストーリーやオーシャンズへの要望はありますか?

コロナでなかなか事業計画(客数)などが思う様に行かなくなりました。
当初、10店舗の目標を持っていたのですが、先ずは7店舗を安定させて、次の店舗へと進みたいと思います。これからもオーシャンズと共に成長して一歩一歩進んで行きたいと思いますので、宜しくお願いします。

久保寺 武之
Q.個人コースを始めたきっかけは何でしたか?

今の体制が変わるのかな?と描けたのがきっかけです。

私は塗装会社を25年やっております。昔は一軒家などを多く手掛けていましたが、今は大手鉄道会社などをメインです。

部下との人間関係や社内の体制についてずっと気になっていました。オーシャンズのトレーニングで学んでいくうちに「今まで、何てことをしてたんだ!」という気づきがどんどん出てきました。

Q.もう少し詳しく、教えて頂けますか?

完璧を求め過ぎていたということでしょうか。
一人でできる仕事の範囲は限られています。それなのに「これくらいはできるだろう」という私の考えと、部下ができる仕事量についての認識の差がありました。その事に気づかず見過ごしていたのが正直なところです。

トレーニングをはじめて一方的な考えを押しつけることが無くなり、部下はもちろん他の若い子たちも慕ってくれるようになりました!プログラムにもありますが部下や相手のいい部分を自分から素直に認められるようになったことが一番大きいと思います。

Q.トレーニングの中での成果と、印象に残っているワードを教えてください。

まず、驚かれるんですが10件中10件の商談が全て決まりました!

具体的には”相見積り”でも選ばれることが増え、元請けとして仕事が取れるようになり、売上げが2年で2倍になりました。

一番効果があったのは「ミラーの法則」です。こちらが笑顔で接した時に相手も笑顔になるということを意識しました。相手が心を開いてくれ、その効果で第一印象が良くなる事で話が進めやすくなったのが大きかったです。

5ステップでは問題意識を与えずに引き出す、「もし」を使って相手に答えやすくするという部分も良く使っています。

Q.同じような業界の方々へのメッセージなどありますか?

コミュニケーションを「型」として習い、それに当てはめて考えられると楽なうえに効果は絶大です。

この業界は個人力や技術力が高い人が多い分、一人一人の一方的な面が出過ぎるとまとまりが悪くなります。受け取る側のレベルとか聞いて欲しいですね~(笑)。