03-6435-0423
お問い合わせボタン
ブログ

第404回サタデー・オーシャンズ「感謝と恩」

2020年03月07日
サタデー・オーシャンズ

毎週土曜日の朝活サタデー・オーシャンズ。
第404回のテーマは「感謝と恩」でした。

私たちは普段あまり不自由のない生活を送っていますが、実は沢山の人によって生み出され・支えられているものがほとんどです。

そこで、もし日常生活で無くなったら困るものを書き出してみました。

〇人間が生きるうえで必要なもの
水、空気、太陽、時間、睡眠、食べ物、健康な体、お風呂、車、テレビ、インターネット、、、

〇社会の仕組みとして必要なもの
法律、税金制度、年金制度、学校、受験制度、病院、区役所、消防、警察、、、

〇自分自身として必要なもの
親、子ども、仕事、会社、仲間、友人、パートナー、、、

これらは私達が一人で成し遂げたものというより、先人たちの知恵や努力による恩恵を受けていると考えると、これらに「感謝」の気持ちが生まれてきます。さらにそれを「恩」を感じて、誰かに返せることがあるとしたら?を考えてみました。

・仕事がいただけること⇒お客様に満足で返す
・親が育ててくれたこと⇒親を食事に連れていく、自分が満足して生きる
・自分が健康でいられること⇒子どもを健康に育てる
・空気や水があり食事ができること⇒地球や自然を守る、物を大切に使う、次の世代に繋ぐ
・友人や仲間がいること⇒話をよく聞く、相手のために協力する、、、

「当たり前」にあるものほど、私達は感謝に気づき辛いのかもしれません。しかし、身の回りにある物事すべてが「当たり前」と考えてしまうと、ちょっとしたトラブルや些細なことで不機嫌・ストレス・愚痴などに繋がってしまいます。

先日、家族で大切な予定がある場所に「車」で出発しようとしたら、故障でエンジンが掛からずとても困りました。一瞬「何でこんな時に限って!」と思ってしまいましたが、車がある・車で移動出来ることって「とても凄いことなんだなぁ」と、改めて感じました。

あなたにとって当たり前と感じるもの何ですか?
もしその当たり前を「感謝」そして「恩」に昇華するとしたら、何ができそうでしょうか?

ぜひ普段の「当たり前」を「感謝」へと。
そして「一日一善」もいいですが「一日一恩」なんていかがですか?^_^