03-6435-0423
お問い合わせボタン
研修ご担当者様へ

社員教育やコミュニケーション教育に

貴社オリジナルの企業研修をご提案

貴社オリジナルの企業研修をご提案

オーシャンズでは、企業様のご要望に応じて、 オーシャンズ・アカデミーのメソッドを社員教育プログラムとして多数実施しております。 企業様の事業形態・研修日程に沿った形での実施が可能です。 また、自治体や協会・団体主催によるコミュニケーション・セミナーの実績も多く、コミュニケーションをテーマとするさまざまな研修・教育に携わっています。
オーシャンズ認定トレーナーを講師として派遣し、貴社オリジナルの企業研修をご提案します。 課題やご要望に応じて【1日プログラム】と【長期プログラム】から選択でき、営業力強化新規開拓強化マネジメント研修新人研修社内コミュニケーションのスキルアップなど、 さまざまな目的に対応できます。

オーシャンズの企業研修の特徴
  • 頭ではなく、身体で覚える実践型研修!

    理由 其の壱

    頭ではなく、身体で覚える実践型研修!

    オーシャンズでは「5ステップ・トレーニング」を主軸に、ロールプレイングを多く取り入れたアクティブな研修を得意としています。 「研修のための研修」ではない、営業の現場での成果にとことんこだわったカリキュラムがご好評です。

  • 熱きトレーナーが社員を本気にさせる!

    理由 其の弐

    熱きトレーナーが社員を本気にさせる!

    「社内研修では社員がなかなか本気になってくれない…」など、経営者様や研修ご担当者様の悩みは尽きないもの。でもご安心を。営業経験をはじめ、さまざまな業界での経験を持つ熱いトレーナーたちが社員の“本気”を引き出します。

  • 独自のアクションリストで「知識」を「能力」に変える!

    理由 其の参

    独自のアクションリストで「知識」を「能力」に変える!

    残念ながら、研修を受講しただけでは単なる知識の習得にしかなりません。重要なのは研修後の期間をどう過ごすかにかかってきます。 オーシャンズ・アカデミーでは、研修で得た知識を知識のままとせず、実践的なスキルとして使いこなせる「能力」として確実に身につくように、“繰り返し反復”を重視しています。 フォローアップシステムとして、振り返りシートやアクションリストを使い、日々の営業活動を振り返りながら、様々なアクションを実践することで、1人1人が確実に成果を出せるスタッフへと成長できるようにしていきます。

多くの企業に求められ続ける

「プラス30%」のノウハウ

「プラス30%」のノウハウ

オーシャンズは、「帝国データバンク」や大手シンクタンクの契約コンサルタントとして、 多くの企業に対して研修教育を実施しています。 今は、待っているだけではモノが売れない時代。 どんなに規模の大きな企業であっても、売上を上げるためには営業力、つまり各個人のコミュニケーション能力が 大きなカギを握るのは当然のことです。 ですが、営業力アップに真っ向から取り組んでいる企業は少ないものです。 「帝国データバンク」や大手シンクタンクでは、これをチャンスと捉え、顧客企業の営業力アップこそが健全な経営に繋がると見抜きました。 そして、オーシャンズのトレーニングを取り入れることで、「プラス30%」を実現する企業が続々現れています。 彼らはプラス30%のプレゼン機会プラス30%の顧客、そして成果・業績へと繋げることになったのです。 そのノウハウは、「オーシャンズ・アカデミー」で学ぶことができます。

↓↓↓ 人材育成に悩む経営者様・研修ご担当者様はこちらもご覧ください ↓↓↓

人材育成に悩む経営者様・研修ご担当者様は
こちらもご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お客様の課題や要望にあわせた研修を行います

企業研修事例

貴社の課題を解決すべく、テーマに特化した内容で、1日で集中してトレーニング

これまで各企業で実施した1日集中型トレーニングの一例をご紹介します。

例① セールススキルを高めたい
1セールス入門編 トップ販売員への第一歩 ミッションを持つ
セールスという、給料をもらいながらコミュニケーションを学べる最高の環境を活かし、決意を新たにミッションを明確にしていきます。
2セールス入門編 これだけは押さえたい!販売(セールス)の基礎トレーニング
経営者、マネージャーの方は必須!「知っている=知識」を「できている=能力」に変え、現場で成果を上げるためのトレーニング法。
3成功するセールス 1stステップ お客様を惹きつけるアプローチの秘訣
セールスの基本は、心を開くことです。「安心を与える」「同化して導く」などを中心にロープレを交えながら学びます。
4成功するセールス 2ndステップ 「ニーズを探せ」はもう古い!問題意識を引き出せ!
顧客から問題意識を引き出す秘訣をロールプレイを交えながら学んでいきます。
5成功するセールス 3rdステップ 顧客の購買意欲を掻き立てるセールストーク
顧客は商品から得られる利益、可能性がほしいのです。その「映像」と「ストーリー」を描かせるスキルを学びます。
6成功するセールス 4ステップ 本物のクロージング術
「お願い」を手放し、「犬のしっぽ」ではなく「ヘビのしっぽ」のクロージングをロープレを交えながら学びます。
7成功するセールス 5thステップ 反論されないセールスの進め方
顧客から出てくる反論の本音を見極めて、契約へと繋げるスキルをロープレを交えながら学びます。
8ビックリするほど顧客を惹きつけるリピーター増殖法
惹きつける力でリピーターを増やすためのスキルです。「図々しい」と「積極的」を区別し、ロープレを交えながら学びます。
例② コミュニケーション力を強化したい
1コミュニケーションの7つのレベル
基本は、「あなたがどう話したか」ではなく「相手のどこまでメッセージを届けたか」です。その7つのレベルを学びます。
2コミュニケーションの達人になるために①「聞き方」
「耳で聞く」から「全身で聞く」へのシフト。相手の心を開き、喜ばせる聞き方術をトレーニングします。
3コミュニケーションの達人になるために②「価値観の違う相手との会話術」
家庭や職場での人間関係が、驚くほど改善されます。「センターサークル」のなかで会話をするという、新しいコミュニケーションスキルを学びます。
4コミュニケーションの達人になるために③「魔法の言葉」
普段、何気なく使っている言葉の中には、「魔法の言葉」というものがあります。周りの人を元気にさせ、可能性を引き出す言葉を学びます。
5人間関係を良くする「質問力講座」
心の扉を開き、ラポール(信頼関係)を築き、質問の達人になるための「4つのクエスチョンコード」を学びます。
6人間関係を良くする「潤いのある一言」
人から好かれる人になるためのボキャブラリーが人間関係に潤いをもたらし、人間関係を円滑にし、仲間意識を高めていきます。
7照れ・人見知り克服トレーニング
自分に自信がない、人の目が気になる、緊張してしまう、あがってしまう方はトレーニングによって克服することができます。
例③ 人間力を高める
1人間力・魅力向上専門講座① 「魅力のテクノロジー編」
魅力ある人間、販売員、リーダーになるための「魅力のテクノロジー7項目」を学びます。
2人間力・魅力向上専門講座② 「魅力診断編」
どうすれば魅力溢れる人になれるのか?魅力診断シートを使いながら自分自身を掘り下げていきます。
3人間力・魅力向上専門講座③ 「部下(自分)を鼓舞するモチベーション編」
部下(自分)のモチベーションを上げるには?「6つのスイッチ」があります。今のあなたを駆り立てるものを明確にしていきます。
4人間力・魅力向上専門講座④ 「勝ちグセをつける習慣力編」
成果を上げる人は勝ちグセ=勝つ習慣を身につけています。そのツボとコツを学んで永続的に成功する方法を身につける講座です。
5人間力・魅力向上専門講座⑤ 「理想的なストレスマネジメント編」
日々のコンディションは、そのストレスをどのように“マネジメントできるか“で決まります。
6人間力・魅力向上専門講座⑥ 「売れる売れない対比表編」
部下から信頼されるリーダーと、お客様の心を掴む売れる販売員との共通点を「売れる・売れない」という対比を使い学びます。
7管理職、リーダーのための惹きつけるプレゼン術
朝礼、スピーチなど大勢の前でプレゼンテーションする機会が多い人のための「心に響き、動きたくなる」オーシャンズ流スピーカー術。
8販売員が陥る5つの罠
成功する人は「成功する習慣」を持ち、失敗する人は「失敗する習慣」を持ってます。5つのポイントで「成功する習慣」へシフトしていきます。

講師が貴社へ訪問し、オリジナルメニューでサポート致します。

下記は、これまで各企業で実施されたオリジナル企業研修の一例になります。

例① セールス・コミュニケーション
トレーニング
第1回
惹きつける志(ミッション)構築と現状分析
  • なぜ、今回のトレーニングが必要か?
  • 会社のミッションと自分のミッション
  • 現在のマーケット分析
  • 知識→能力 繰り返し反復の重要性
  • コミュニケーションの基礎
第2回
劇的に変わるコミュニケーション術
  • 相手を受け止める「センターサークル」
  • アテンション(惹きつける)の取り方
  • 質問力を上げるクエスチョンコード
  • 本物のモチベーション・目標設定のツボ・コツ
  • ルーティンワークを作る5つのプロセス
第3・4回
究極のプレゼンテーション 5ステップ
  • 1stステップ 心を開くアプローチ
  • 2ndステップ 問題意識を引き出す
  • 3rdステップ 利益・可能性を描かせる
  • 4thステップ 選ばせるクロージング
  • 5thステップ 反論解決のツボ・コツ
第5回
ワンランク上のメンタル・スキル講座
  • 劇的に変化する魅力の研究
  • 人を一瞬で変える魔法の言葉
  • ストレスマネジメントのツボとコツ
  • 成功するための8つのタイプを知る
  • 実際の現場に合わせたQ&A
第6回
実践で成果を出し続ける準備
  • 5ステップ自己マニュアル化
  • 永続的に成果を出し続ける秘訣
  • リフレクション、分析法
  • 目標設定からストーリー設定へ
  • シチュエーション別コミュニケーション
例② 社内コミュニケーション研修
第1回
マーケットを知り自身のコミュニケーションの分析をする
  • 「成果」に繋がる受講のツボとコツ
  • 個々の志(ミッション)を構築する
  • コミュニケーションの定義
第2回
惹きつけるコミュニケーションに磨きをかけるⅠ
  • 受け取る側の存在
  • アテンションとアプローチ
  • 質問の達人になるスキル
第3回
惹きつけるコミュニケーションに磨きをかけるⅡ
  • センターサークル
  • ノンバーバルコミュニケーション
  • 5ステップ・プレゼンテーション
第4回
惹きつけるコミュニケーションに磨きをかけるⅢ
  • 魔法の言葉
  • アクションとストーリー設定
  • 相手の立場をつくる
第5回
惹きつけるコミュニケーションを構築する応用編
  • モチベーションデザイン講座
  • ホープタイプ、ケアタイプ
  • シチュエーション別コミュニケーション
第6回
惹きつけるコミュニケーション 総括
  • 成果発表大会
  • 現場Q&A(踏み込んだ、関わるコミュニケーションについて)
  • 修了式
例③ セールス研修
第1回
会社との方向性のギャップを埋め目標を設定
  • なぜ、今回のトレーニングを受けるのか?
  • 社長の思いをボイスチェンジ(会社のミッション・目標)
  • マーケットの分析、自分のミッション
第2回
惹きつけるコミュニケーションⅠ
  • 受け取る側の存在
  • 見込み客の惹きつけ、アポイントのツボ・コツ
  • 5ステップ1stステップ アプローチ編 アプローチトーク作成
第3回
惹きつけるコミュニケーションⅡ
  • 5ステップ2ndステップ 問題意識編 問題意識を引き出すトーク作成
  • クエスチョンコード
  • 5ステップ3rdステップ 利益・可能性編 利益と可能性を描かせるトーク作成
第4回
クロージングや反論解決にフォーカス
  • 5ステップ4thステップ クロージング編
  • アテンションとアプローチ
  • 5ステップ5thステップ 反論解決編
第5回
5ステップを活かした新規開拓スキルアップ
  • 5ステップを活かした新規開拓スキル(ダイジェスト編)
  • 顧客を惹きつける人間力講座
  • ストレス&タイムマネジメントのツボとコツ
第6回
強化ポイントとトレーニング法をブラッシュアップ
  • 5ステップのまとめ、自己マニュアル化
  • シチュエーション別コミュニケーション、リフレクション、分析のまとめ
  • 今後のトレーニング計画(シェア型)
例④ 管理職・幹部研修
第1回
自己分析で現在の現場でのあり方を見つめ直す
  • なぜ、今回のトレーニングを受けるのか?
  • 社長の思いをボイスチェンジ(会社のミッション・目標)
  • マーケットの分析、自分の分析
  • 組織とは・組織論
第2回
部下のやる気の引き出し方を身につける
  • リーダーシップ理論
  • スピーカー(発信)力テスト
  • 照れを手放し、相手にスポットライトを当てたあり方
第3回
人のタイプの特性を熟知し業務指導に生かす
  • 8つのタイプ別診断 プロファイル
  • タイプ別の響く言葉、心を閉ざす言葉や行動を実践する
  • モチベーションの上げ方、報連相の重要性とやり方
第4回
人を惹きつけるエネルギーを身につける
  • エネルギーの春夏秋冬を身につける
  • 表現力トレーニング
  • ギャップを演じ惹きつけるリーダーとなるトレーニング
第5回
発信力を身につけ部下のやる気を引き出す
  • 部下を鼓舞する
  • 部下の本気を引き出す「冬のエネルギー」
  • リーダーシップクロージング力
第6回
トレーニングの成果報告
  • 成果報告プレゼンテーション大会
  • 現場Q&A
  • 修了式

オリジナル企業研修実施の流れ

STEP1

事前ヒアリング

経営者様や研修ご担当者様から課題や要望などについて、じっくりとお話しを伺います。

STEP2

研修プログラム作成

ヒアリングした内容をもとに、貴社向けのオリジナル研修プログラムをご提案します。開催スケジュールや日時、開催時間など、ご担当者様と打ち合わせを重ねながら決めていきます。

STEP3

スケジュール確定

研修の日程を確定します。6回~12回(24回メニューあり)を6~12ヶ月間で行います。研修時間は4~6時間です。

STEP4

最終打合せ

事前準備、研修実施に向けての最終打ち合わせをします。

STEP5

研修実施

貴社ご指定の研修施設や外部会場にて研修を実施します。

STEP6

研修後ヒアリング

研修で学んだ内容を永続的に活かすために、フォローアップのヒアリングも行います。

貴社の課題やニーズを伺います

お問い合わせ・ご相談フォーム

必須は必須項目です

ご興味がある研修


会社名
役職
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
  •   (確認用)
住所

〒 

都道府県  

市区町村・番地  

ビル・建物名  

お問い合わせ内容