「魔法の言葉」

株式会社オーシャンズ wrote

毎週土曜日の朝活 Saturday OCEANS!
今週のテーマは「魔法の言葉」


腕力でたくさんの人を動かすことはできませんが
言葉の力なら多く の人を動かすことができます。


人が動きたくなるような「魔法の言葉」があるのです。


新しいことにチャレンジするか迷っている相手に
「やりたいって思ってるんでしょ。
自分を信じてやってみたら?
どうしても必要な時は力を貸すから」
と背中を押してあげたり


失敗した相手に
「どうした? 君の力はこんなものじゃないでしょう。
まだ余力が残っているんじゃないのか?」
と奮い立たせたり
これらは言葉のテクニックではありません。


普段からどの様に関係性を構築していて
相手の本気を受け止めて
自分の本気で考え抜いて
「自分だったら」ではなく
「相手の今の状況」を想像して
発せられる言葉が、人を動かす「魔法の言葉」になるのです。


悩みを相談された時に、難しく考えすぎずにやってみようと伝える言葉も、
自分だったら悩まないという思いから発せられる
「そんなに悩まないでやってみようよ」
という言葉と、
相手の状況を想像したうえでの
「そんなに悩まないでやってみようよ」
は全く別の言葉として伝わります。


「魔法の言葉」は一方的に発することはできず
相手との関係性の中で生み出される言葉なんですね。